今の時代どこもかしこも喫煙者を隔離しているかのような建物ばかり。そんな肩身を狭くしてまで煙草、本当に必要ですか?すこしでも禁煙を考えてるのであればいますぐチャンピックスでの禁煙をお勧めします

妊娠中の女性が煙草を吸うことのリスクを知っておこう

普段から喫煙習慣のある女性は妊娠してもピタッとやめることは難しいでしょう。
しかし、妊娠中に煙草を吸うことで発生するリスクを知れば自然とやめられるはずですから、なかなか煙草がやめられずに困っている方は様々な情報を知ることが大切です。

煙草には多くの有害物質が含まれています。
妊娠中でなくても体に悪い影響を与えますが、妊娠中はお腹の中の胎児に大きな影響を及ぼすために禁煙するよう言われているのです。

煙草に含まれるニコチンは深刻な有害物質で、体内に入ると血管を収縮させるという特徴があります。
胎児に送らなければならない酸素が不足しやすくなり、結果的に低体重児が産まれたり先天性の異常が起こるリスクが高まります。

特に早産のリスクが高く、妊娠中に喫煙を続けていた方が早産になる確率は通常の三倍以上にもなるのです。
本当なら胎児は妊娠十ヶ月までお母さんのお腹の中で栄養をもらいながら成長し、十分育った状態で産まれてこなければなりません。
早産では低体重児となり、機能が未発達なまま産まれてしまいます。
呼吸が弱かったり免疫力が弱い等、深刻な影響を及ぼすリスクが高いのです。
最近では低体重児でも生存率が上がっていますが、あまり早過ぎると最悪のケースも考えられます。

煙草が胎児に先天性の異常をもたらすケースも報告されています。
生後に神経発達障害が起こったり口唇、口蓋裂の発生率が高くなるとの調査結果もあるので、妊娠が分かってから禁煙するよりも妊娠の可能性がある女性は普段から禁煙を心掛けが方がいいでしょう。
妊婦が煙草を吸っていると、産まれてきた赤ちゃんからもニコチンが検出されます。
胎児のうちから有害物質を与えてしまっては良くありませんね。