今の時代どこもかしこも喫煙者を隔離しているかのような建物ばかり。そんな肩身を狭くしてまで煙草、本当に必要ですか?すこしでも禁煙を考えてるのであればいますぐチャンピックスでの禁煙をお勧めします

チャンピックスの処方と船橋市には路上喫煙防止条例

日本では禁煙への取り組みが進んでおり、様々な自治体で政策が行われています。
千葉県の船橋市では路上喫煙防止条例が施行されていて、市内全域の公共の場所での路上喫煙が禁止されています。
たばこの害に関しては、喫煙者本人ががんや呼吸器疾患などを引き起こすことが知られていますが、それに加えて周囲でたばこの煙を吸っている人も、受動喫煙によって病気になる可能性があります。
千葉県の船橋市では積極的に禁煙対策が行われていて、医療機関で禁煙治療を受けることも可能です。
船橋市には禁煙外来が設けられている医療機関も数多くあり、従来までのニコチン製剤やニコチンを含んでいない禁煙補助剤であるチャンピックスの処方が受けられます。
国の条件を満たしている医療機関で禁煙治療を受けることで、医療費が3割負担で済みますので、経済的に楽に治療を受けることができます。
禁煙が難しいのはたばこに含まれているニコチンによる影響ですが、禁煙補助剤のチャンピックスには離脱症状を緩和させる作用があるために、高い禁煙成功率を実現させています。
チャンピックスは一般の薬局で購入はできませんので、医療機関の受診を行って医師に処方してもらうことで入手できる医薬品となります。
チャンピックスの処方による治療は、3か月間継続することが大切で、すぐに服用を止めてしまったときと3か月間の治療を継続させたときとでは、大きく禁煙達成率が異なるというデータがあります。
たばこに含有されているニコチンには、神経伝達物質であるセロトニンやドーパミンを減少させる作用があるために、禁煙によってニコチンが摂取できなくなると、様々な離脱症状が起きます。
チャンピックスはニコチン受容体と結合することで、微量のドーパミンを放出させますので、離脱症状を減らしながら禁煙を行うことが可能になります。