今の時代どこもかしこも喫煙者を隔離しているかのような建物ばかり。そんな肩身を狭くしてまで煙草、本当に必要ですか?すこしでも禁煙を考えてるのであればいますぐチャンピックスでの禁煙をお勧めします

チャンピックスで禁煙治療をする場合は何日目から?

チャンピックスは体内にニコチンを取り込まずに禁煙治療ができることで知られていますが、これを利用して禁煙治療をはじめたいと考えている人にとって、何日目から禁煙すれば良いかは、確実に喫煙をやめる上で把握しておきたい点の一つです。従来のニコチンパッチをつかった治療だと、何日目から喫煙をやめれば良いかを考える余地はなく、パッチの使用を開始する日から喫煙をやめなければなりませんでしたが、チャンピックスの場合はどのようになっているのでしょうか。
チャンピックスを服用する場合に何日目から禁煙をすればよいのかというと、製品の添付文書では服用を始めてから8日目から確実に喫煙をやめなければならない旨が明記されています。見方を変えると、服用をはじめてからの7日間はまだ喫煙をしていて良いということになりますが、服用7日目が終わるまでにタバコを吸いたくなくなった場合は、8日目が来るのを待たずに禁煙しても良いことになっています。
チャンピックスは、服用を開始してから3日目までは0.5mg錠を1日1回食後に服用し、4日目から7日目までは3日目までと同じ錠剤を1日2回、朝食後と夕食後に服用します。そして、禁煙開始日にあたる服用8日目以降は1.0mg錠の1日2回の服用を継続していきます。つまり、チャンピックスの服用開始からの1週間は、本格的に禁煙をスタートさせるための準備期間になっているということがいえます。チャンピックスがこのような独特な服用方法になっている理由としては、チャンピックスは作用が強い薬である分、服用に伴う副作用が出やすいことや、単にタバコを吸うのをやめる方法だとかえって身体に負担がかかってしまって失敗する可能性が高いことなどが挙げられます。